三休橋筋愛好会って??
活動理念
三休橋筋愛好会は『大阪の魅力を増やし・伝える』ための自主活動グループです。大阪を歩き、大阪を知り、大阪の人たちと交流しながら、大阪に根ざした魅力を提案し・発信していく、そんな活動を続けています。私たちの動きはささやかなものかもしれません。でもそんないろんな活動が知恵を出しながらぶつかって、集まって、大阪はおもしろくなっていくと信じています。時には名前を変え、姿を変えながら、いつか『あなたのまわりのその魅力に、実は私たちがお手伝いしている』そんなふうになっていることを願って、私たちは自分達ができることは何かをさがしながらこれからも活動をつづけていきます。

メンバー

osakajin02B.jpg
三休橋筋に、ゆったりと時間の流れる「ひと」中心の道として、
さらなる魅力づけをおこなうことが、船場に「げんき」を取り戻す
推進力になると信じて疑わない5人

岸田文夫・根津昌彦・梶木盛也・森山秀二・篠原祥

2007年04月07日

ガス燈も立ち、拡幅される歩道も姿を見せはじめました。

P4060628s.JPG

ちょうど船場フォーラムが開催された3月17日からガス燈設置の工事がはじまっていましたが、綿業会館の前にもとりあえず2灯のガス燈が設置されていました。(予定では4灯のはずです)
また、歩道の縁石も置かれ始めて、拡幅された歩道の形が見えてきました。
現在工事中の本町通り〜瓦町間は5月には舗装まで終わる予定だとか。。ただ、街路樹は秋に植えられて、電柱の抜柱はもっと先になりそうなので、完成された姿が見られるのは、まだすこしかかりますね。
posted by 工務店課長 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  ○三休橋筋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

住むまち・大阪STYLEシンポジウムにパネリスト参加しました。

大阪市立住まい情報センターが主催するシンポジウムにパネリストとして参加し、まちづくり活動の事例報告者として三休橋筋でのまちづくりについて発表・紹介しました。
大阪のまちの魅力を再発見するきっかけとして「暮らしを楽しむ」観点から新たな生活スタイル創造に取り組んでいる事例のひとつとして、「ビジネスマンが手がける地域活性化」の活動の取り組みを紹介し、他の3つの地域(放出、阿倍野、中崎町)の方々と意見交換をしました。

osakastyle-poster.jpg P3210334s.JPG

■■シンポジウムの概要■■

平成18年度
住むまち・大阪STYLEシンポジウム
大阪の暮らし・まちづくり魅力再発見!
【日時】平成19年3月21日(祝)13:30〜17:00
【場所】住まい情報センター3階ホール
【内容】プロローグ「俄(にわか)に見るなにわの魅力」
     にわか師:露の団六さん/露の団四郎さん
     解説:明珍健二氏(大阪くらしの今昔館学芸員)
    第1部「私の住むまち大阪STYLE紹介−1日の活動風景−」
     宗宮恵司氏(地域活動グループあいより)
     西尾 純氏(salon de AManTO(天人))
     菅 正太郎氏(あすの会)
     篠原 祥 (三休橋筋愛好会)
     コーディネーター久隆浩氏(近畿大学理工学部教授)
    第2部「交流会(ミニ・ラウンドテーブル)」
【主催】大阪市立住まい情報センター

posted by 工務店課長 at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) |  ○まちづくり団体との交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

船場フォーラム2007にパネリスト参加しました

semba2007poster.jpgせんばGENKIの会が主催する船場フォーラムが今年も開催され、三休橋筋愛好会が船場に働く人の立場としてパネリストに加わりました。
フォーラムではせんばGENKIの会のメンバーや関係者に行ったアンケート結果の報告を行うとともに、船場の将来像を考えていく上で、地権者や事業者ではないけれど、毎日をここで働き、過ごしている多くの人々の意見をどのように取り入れていけばよいのかについて、発信しました。


semba2007-1.JPG semba2007-2.JPG
■■フォーラムの概要■■
「船場フォーラム2007」
柔らかな連携まちづくり〜語ろう明日の船場
【日時】平成19年3月17日(土)13:00〜18:00
【場所】綿業会館7会大ホール
【内容】第1部 船場からの報告
     橋爪紳也氏(大阪市立大学都市研究プラザ教授)
    第2部 基調講演
     吉田不雲氏(東京都中央区助役)
    第3部 パネルディスカッション
     コーディネーター:嘉名光市氏(大阪市立大学大学院助教授)
     金城敦彦氏(大手町・丸の内・有楽町地区再開発計画推進協議会)
     竹沢えりこ氏(銀座まちづくり会議)
     山本俊貞氏(神戸・旧居留地連絡協議会)
     鳴海邦碩氏(大阪大学大学院工学研究科教授)
     橋爪紳也氏(大阪市立大学都市研究プラザ教授)
     辰野元彦氏(せんばGENKIの会)
     梅澤喜八郎氏(船場センタービル商栄会)
     岸田文夫(三休橋筋愛好会)
【主催】せんばGENKIの会



posted by 工務店課長 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) |  ○せんばGENKIの会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

「公共建築の日」及び「公共建築月間」記念フォーラム

綿業会館で三休橋筋の紹介をする機会を得て、発表しました。
国交省の近畿地整が主催するフォーラムで、
メイン講師は橋爪先生(大阪市立大学都市研究プラザ教授)です。
私たちは、綿業会館の見学会の順番待ちをしている参加者へ
幕間の場つなぎとして綿業会館の建つ三休橋筋を紹介する役割です。
「三休橋筋はいいところです。案内地図もお配りしましたので、フォーラムの帰り道に少し歩いてみてください。三休橋筋と北船場の魅力を紹介している絵はがき(大阪ええはがき研究会)も展示しています。」
2回プレゼンテーションをするので2人で分担しました。


「公共建築の日」及び「公共建築月間」記念フォーラム
大大阪の文化とモダン建築のツボ
−公共建築の可能性 大大阪の遺産を活かす−


主催:国土交通省近畿地方整備局「公共建築の日」及び「公共建築月間」近畿地方実行委員会
日時:平成18年11月27日(月)13:30〜16:40
会場:綿業会館7階大会議室

DSCF1019s.jpg
posted by 工務店課長 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) |  ○行政機関との交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

出版記念!トークショーを開催

7月21日(金)18時から
堂島のジュンク堂書店にて、トークショーを開催しました。
「大阪のひきだし」の監修者でもある大阪市立大学の橋爪紳也教授を軸に
著者が一堂に会して前代未聞の8人での集団トークショー
三休橋筋愛好会の5名は初めての体験に戸惑いながらも、なんとか大役を果たしました。


P72100532s.jpg

橋爪さんや酒井さんは「学者先生」、
中谷さんは「実業家」
私たち5名は、「町のおっちゃん」と勝手に役回りを決めて、
ハッピ姿でお手伝い係を無事に果たしたのでした。



P7210054s.jpg

トークショーの後は、なんとサイン会!
びっくり!
どう見ても、卒業記念のよせがきみたいです。
posted by 工務店課長 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) |  ○大阪のひきだし[出版] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。