2006年05月21日

三休橋筋発展会の活動に、三休橋筋愛好会が参加

三休橋筋は北は旧東区、南は旧南区にまたがり行政区が別々であったこと、沿道の各連合町会は三休橋筋を境に東西に分かれていることなどから、まち全体の団結や情報の交換も少なく、現状について問題を提起したり将来像について議論・提案したりする組織がありませんでした。

そのようななか、街づくりに関する提案が各方面で行われたり、魅力を紹介する記事が雑誌に掲載されるなど、この三休橋筋の魅力が徐々に認識されるようにもなってきました。また大阪市都市再生プログラムの中において、三休橋筋のプロムナード整備が取りあげられるようになりました。

そこで三休橋筋の魅力を高め、その発展を目指す新しい組織として、沿道の地権者や店舗などが参加して、三休橋筋発展会が結成されました。

愛好会は地権者でも何でもないので、この発展会にはオブザーバーとして参加しています。

なお発展会の発足を記念して、安藤忠雄さんをお呼びした「三休橋筋フォーラム」を開催しました。

hatten-soukai.jpg

hatten-nichi.jpg
posted by 歩人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  ○三休橋筋発展会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。