2006年06月03日

愛好会の提案です

愛好会から、歩道は‥‥、車道は‥‥、交差点は‥‥、舗装は‥‥、照明は‥‥、
街路樹は‥‥、などなど。

色んな提案を行いました。


それをイメージ図にしたのが下の絵です。
同じアングルで、昼と夜の絵を描いてみました。

image-day.jpg

image-night.jpg


あくまでも愛好会の提案ですので、このようになるとは限らないと思いますが、、、 
なったらいいなぁ。どうなるだろう。



ちなみに、2006年の3月から工事の準備がスタートしています。

2006年06月02日

どんな道になるか楽しみ!

2003年の5月頃、以下のような依頼が大阪市の某所より三休橋筋愛好会にありました。

  • 三休橋筋のプロムナード化が都市再生にあげられている。
  • また、船場建築線後退部分の在り方についても検討する必要がある。
  • 都市再生の目玉のひとつであり、色々新しいことができる可能性がある。
  • これを機会に21世紀型の官民連携した新しい仕事の進め方を考えたい。
  • でもどうしていいか全くわからない。


そこで市の方々と愛好会で自主的な勉強会を持つこととなりました。
愛好会から、

  • 三休橋筋と船場建築線は別々に考えたい
  • コンセプトづくり、将来像提示が重要
  • ハードの整備だけでなく、ソフトの整備も重要
  • 地元の人たちも参加した計画づくりが必要

このようなことをお願いしました。



実は、愛好会のメンバーは都市計画やまちづくりのコンサルタントであったり設計事務所に勤めていたりするので、仕事では役所の人は発注者であったり、許認可をする人であったりします。

そんな方々を相手に、ケンケンガクガク。普段では考えられないような「そこまで言うかぁ〜!!」という議論を重ねて、地元の人たちの意見も聞きながら、プロムナード整備の構想がまとまってきました。

※大阪市の中では「電線地中化」+「歩道拡幅」と表現されています。


幸いなことに、大阪ガスの100周年記念事業でガス燈が寄付されることが決まり、堺屋太一さんの後援会からも追加の寄付を受け、三休橋筋はガス燈の道になることになりました。

ただ残念なことに、いま植えられている街路樹(唐楓)は撤去せねばなりません。そこで、御堂筋のイチョウに対して、三休橋筋では秋に紅葉する木を植えて欲しいと提案しています。

※この筋は水道管やガス管などの幹線が通っており、電線共同溝を入れするスペースが非常に限られているそうです。また一部の木は幹の中が空洞になっており台風などで倒れる恐れもあるとのこと。歩道が広がるので、いまの位置では都合が悪いかも知れません。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。