2007年03月21日

住むまち・大阪STYLEシンポジウムにパネリスト参加しました。

大阪市立住まい情報センターが主催するシンポジウムにパネリストとして参加し、まちづくり活動の事例報告者として三休橋筋でのまちづくりについて発表・紹介しました。
大阪のまちの魅力を再発見するきっかけとして「暮らしを楽しむ」観点から新たな生活スタイル創造に取り組んでいる事例のひとつとして、「ビジネスマンが手がける地域活性化」の活動の取り組みを紹介し、他の3つの地域(放出、阿倍野、中崎町)の方々と意見交換をしました。

osakastyle-poster.jpg P3210334s.JPG

■■シンポジウムの概要■■

平成18年度
住むまち・大阪STYLEシンポジウム
大阪の暮らし・まちづくり魅力再発見!
【日時】平成19年3月21日(祝)13:30〜17:00
【場所】住まい情報センター3階ホール
【内容】プロローグ「俄(にわか)に見るなにわの魅力」
     にわか師:露の団六さん/露の団四郎さん
     解説:明珍健二氏(大阪くらしの今昔館学芸員)
    第1部「私の住むまち大阪STYLE紹介−1日の活動風景−」
     宗宮恵司氏(地域活動グループあいより)
     西尾 純氏(salon de AManTO(天人))
     菅 正太郎氏(あすの会)
     篠原 祥 (三休橋筋愛好会)
     コーディネーター久隆浩氏(近畿大学理工学部教授)
    第2部「交流会(ミニ・ラウンドテーブル)」
【主催】大阪市立住まい情報センター

posted by 工務店課長 at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) |  ○まちづくり団体との交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日はお邪魔いたしまして大変失礼致しました。
あちらこちらで色々な方が色々なことをされている、だから面白いということを実感しました。
今日の参加者中最も身元が不確かな人間ですが、皆で作っている新聞はしっかりしていますので、
以後お見知りおきのほど願えますれば幸いです

Posted by ニワユタカ at 2007年03月22日 01:17
ありがとうございます。
「やれることしかできない」のだということを改めて考える機会になりました。ミナパラ新聞もネタが深くて面白いですね。
Posted by 工務店課長 at 2007年03月22日 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。