2006年07月24日

兵庫県から「いらっしゃーい」

阪神淡路大震災で大きな被害を受けた兵庫県は、物理的にはかなり復興を遂げたものの、にぎわいの復興が課題と言うことで、兵庫県県土整備部復興支援課という所の方が「船場GENKIの会」の活動についてヒアリングにお越しになりました。

愛好会もGENKIの会のメンバーですので、ご一緒しました。

いつものように気軽に行ったのですが、著名なコンサルタントの方や学識経験者の方々がズラーッとならび、ナンか僕たちがいるのが場違いのような会議でびっくりしましたが、いつものように「住民でも地権者でもないワーカーのの自主活動」と自己紹介したところ、結構関心を持って頂いたようでした。

後刻、委員の方の一人から「学校の授業のゲストスピーカーとして、一度来てもらえませんか?」という依頼が舞い込んできました!! (でも僕らがしゃべってもいいんでしょうか?)

DSCF0320.JPG
posted by 歩人 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) |  ○行政機関との交流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

大阪ええはがき研究会

「市販の大阪の絵はがきって、あんまり魅力的やないなぁ」
「もっとおもしろい絵はがきないんかいな」
「それやったら、自分たちの手でつくって売ろうやないか」

そんなことから活動を開始したのが大阪ええはがき研究会です。

我々愛好会のメンバーは、この大阪ええはがき研究会に参加して、絵はがきを作っています。

どんな絵はがきかって?

それは大阪ええはがき研究会のページを見て下さい。

出版裏話

ぼくたちは普通のサラリーマン・自営業者なので、本を書くようになるなんて思ってもいませんでした。

でも、三休橋筋フォーラムを開催し、そのときにお越しになっていた鹿島出版会の担当の方と出会って、出版の企画がスタートしました。

我々の力不足から、スタートから出版まで2年も経ってしまったのですが....
(この辺の話は「あとがき」に書いています。)

また他にもいっぱい活動がある中で、取捨選択しなくてはならなかったことも残念です。
posted by 歩人 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) |  ○大阪のひきだし[出版] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『大阪のひきだし』絶賛発売中!!

紀伊国屋本町2.jpg ジュンク堂大阪本店1.jpg

三休橋筋愛好会が著者の一人である『大阪のひきだし−都市再生フィールドノート−』が、
7月7日から全国の書店に並んでいます。ぜひ手にとってご覧ください。上の写真は、左が
「紀伊国屋書店本町店」、右が「ジュンク堂大阪本店」の様子です。

また、7月21日(金)18時からジュンク堂大阪本店で出版記念トークショーをおこない
ます。「この人に注目!」「取材苦労話」ここだけの話を聞けるかも?!
posted by 左ウィング at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ■News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

愛好会も執筆を担当した本がでます!!

大阪市立大学の橋爪先生、アートアンドクラフトの中谷ノボルさん、大阪歴史博物館の酒井一光さんと愛好会(5名)が共同で、
鹿島出版会より「大阪のひきだし ―都市再生フィールドノート―」という本を出すことになりました。

7月7日、七夕の日に発売です。

扉のページのみ、チラリとお見せしましょう。中身は書店でお買いあげの上、じっくりとご覧下さい。

tobira.jpg


それと、出版記念イベントが7/21(金)18:00から、大阪・堂島のアバンザにある「ジュンク大阪本店」のカフェで開催される予定です。

posted by 歩人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |  ○大阪のひきだし[出版] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。